アルミキャストは魅惑素材【様々な素材が毎日を支える】

笑顔

アルミ製品の有利なところ

鋳物について

機械

アルミ製品を作る一つの方法にアルミ鋳物があります。鋳物とは、金属や砂などで金型と呼ばれる製品の形を決める型を作っておき、そこへ熱して液体状になった金属を流しこんでから冷やすという方法で作られるものです。アルミの場合には、特殊な型に液状のアルミを射出して、それを強制的に冷やすダイキャストという鋳物もあります。 前者のように金属あるいは砂型を使うアルミ鋳物は、コストが安いという利点があります。また、型の寿命も長いため同じ製品を大量に生産するのに向いています。 後者のダイキャストは、特殊な型を使いますが、これを作るコストが高くなります。しかし、製品の精度を高くできることなどから、精密部品などを作る時に使われます。

アルミの優れた点について

アルミは鉄と同じ金属ですが、鉄に比べますと体積あたりの重さが約3分の1とかなり軽いのが特徴です。また、アルミ鋳物などに加工する場合にも鉄などに比べてやりやすい特徴があります。 また、アルミは鉄よりも電気や熱を通しやすく、一番の違いは鉄と違って磁石に反応しないところです。 もうひとつ、鉄のような金属は低温環境におかれますと、ある温度から下ではガラスのような性質(脆性)に変わって脆くなります。鉄の場合には比較的高い氷点下程度低温でも脆性がみられますが、アルミでは、この程度の温度で脆性は起こりません。 アルミ鋳物には、アルミに他の金属を混ぜたアルミ合金を使った製品もあります。アルミ合金には、銅やマグネシウム、シリコンなどが混ぜられますが、それぞれの特徴に応じて利用される分野が違ってきます。