アルミキャストは魅惑素材【様々な素材が毎日を支える】

笑顔

日常生活で使われる金属

機械

酸化チタンは、チタンという金属に酸素原子が2コ結合した化合物です。結晶構造の違いにより、アナターゼ、ルチル、ブルカイトにわかれますが、一般的に使われるのは、アナターゼとルチルです。酸化チタンが使われる分野は広範で、工業分野から食品の添加物、化粧品の成分としてなどがあります。 酸化チタンの化学的性質は、常温常圧の環境下で安定していて、他の物質と反応することがほとんどありません。熱に対しても耐性があり、およそ摂氏800度以下では、基本的に変形等しないとされています。 物理的な性質は、常温で電気的絶縁を示しますが、加熱あるいは紫外線の照射などよって外側からエネルギーが与えられると半導体としての性質を示します。

酸化チタンは広く利用されていることは先に述べましたが、もう少し具体的にみてみましょう。 工業分野では、紫外線を吸収する性質から、ペンキなどに混ぜられたりします。また、光を照射することで半導体としての性質を現すことから、光触媒や太陽光パネルの材料などにも応用されています。 その他には、酸化チタンが環境ホルモンを分解する性質を利用して、上水道や川などの水の浄化にも使われています。 日常生活では、酸化チタンを化粧品に入れることもあります。これは、酸化チタンが紫外線を吸収する性質があることより、それから肌を守る働きがあるからです。ただ、化粧品に使われる酸化チタンは、そのままの状態ではなく、細かい粒子の周りをコーティングしてあるのが普通です。